「ツイン・ピークス」というアメリカのテレビドラマです。

ストーリーはある田舎町で女子高校生が殺害された事を端に発し、それまでは一見平穏な筈だった町に見えたが、実は様々な人間関係が渦巻く町だった…。というもの。
プロデュースは「イレイザーヘッド」「エレファントマン」のデヴィット・リンチ。独特の映像世界をえがくリンチが映画ではなくテレビという制約の厳しいメディアでどのようにその才能を発揮するかが見どころ。
事件解決にきたFBI捜査官デイル・クーパー(カイル・マクラクラン)の奇抜な捜査ぶりを始めとして、かなりシュールな世界が展開されます。
またリンチ自身も捜査官役として出演しています。私自身3回か4回ぐらい観たのだが訳の判らない箇所が少なくなく、「何なんだろう」と首を傾げることも多々ありました。音楽を担当したアンジェロ・バダラメンティの曲がなんともいえず、ドラマにフィットしていると思いました。