ソフトバレーとビーチバレーボール

ソフトバレーは1チーム4人でプレーをおこないます。1試合につき3セットマッチで実施されます。
1つのセットにつきましては最低でも2点差をつけて先に15点を取ったチームが勝利します。、これは全3セット共通です。
もし14対14のジュースになった際には、相手チームと比較して2点イニシアチブを取るまで試合は続行されます。けれども、最高17点で試合は打ち切りとなって、先に17点を取ったチームが1点差であっても勝利チームになるルールです。
ソフトバレーのぼーるは、名前でもわかる通り、軟らかいボールが用いられます。これによって、バレーボールの基本プレーとなっているボールの「パス」において安全で、加えて簡単にできるわけです。年齢に関係なく気楽に楽しめるのが、ソフトバレーの最大の魅力といえます。
一方ビーチバレーボールは1チーム2人でのプレーとなります。1試合3セットマッチで実施されます。
1つのセットは、最終第3セット以外は最低でも2点差をリードして先に21点を取ったチームが勝利となります。
もし20対20のジュースとなった場合は、どちらかのチームが2点先取するまで試合は続行されます。
またセットカウントが1対1となった際は、最終第3セットで最低でも2点差をリードして、先に15点を取ったチームが勝利となります。
ビーチバレーボールが行われるコートは、砂場に設けられ、選手はショートパンツあるいは水着を着けます。シャツは、ジャージないしはタンクトップでもOKです。ただ大会規定で決められている場合はそのルールに従うことになります。
他には、帽子をかぶってもいいし、サングラスもOKとなっています。
ネットの高さは6人制バレーボールの場合と同じです。しかし、コートは6人制バレーに比べ狭くなっています。
ママさんバレー上達の極意DVD