算数の文章題が苦手な子に接するときのお作法

子供の頃、算数の文章問題って難しいと感じたことはありませんか。でも大人になって算数の文章題を読むと、なぜ子供はこの文章が読めていないのかと感じることがあります。実は算数の文章題を理解できない原因として考えられるのが、子供の理解力の成長が追いついてないからだと感じています。
さきほども書いたように、小学生くらいの算数の文章題なら、一般的な大人ならよく読めば理解できる内容になっています。わたしも大人になってそんなことを感じたので、子供が文章題の意図を理解してないと感じたときはそのように自分に言い聞かせているのが現実です。算数の文章題で難しいのがまずどんな前提条件になっているのかの把握です。
文章を読むのが苦手な子だと、ついつい文章を飛ばして読んでしまうため前提条件を無視して立式に取りかかります。そうすると立式に至るまでに文章題の中にある数字を使って計算した後に立式するべきところを、そのままの数字で立式するようなことが起こるのです。
これは算数が苦手というよりも、手順を踏むことが苦手なので、お子さんは算数への苦手意識なんて持つ必要がないのです。小学校の授業はカリキュラムが決まっているので、文章題なんて必要なくてもすっ飛ばして勉強できませんが、通信教育レベルなら必要のない文章題はすっ飛ばして勉強しても構わないと思います。
ただお子さんの性格上すっ飛ばして解くことができないのなら、Z会の通信教育で算数の文章題にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。良問の宝庫だと言われているZ会小学生の評判も上々で、3年生以上なら算数1科目からでも申し込めるので、文章題だけではなくじっくりと算数を進めて行くにも最適な条件だと思います。
ほかの通信教育ならZ会のように1科目から申し込めないので、算数だけをじっくりやるなら私は断然Z会です。もちろん算数に特化した通信教育にはRISU算数もありますが、1ヶ月にかかる費用を比べればZ会の月謝のほうが圧倒的にやすくなります。
子供の成長過程において、前提条件を理解することや、もしもの話を置いておくなんてことは、年齢を重ねないと難しい場合もあります。中学受験を目指すなら現時点での能力的には難しいのかもしれませんが、中学受験を考えていないならZ会の算数は思考をプロセスを積み重ねる練習にもなるのでおすすめです。
算数の文章題が理解できていないというのは、実は算数の能力とは無関係な部分なので、これといった特効薬もないのでゆっくり待つしかありません。文章題で間違えたとしても目くじら立てずに、算数が嫌いにならないようなサポートをすることが先決です。
Z会小学生コースには保護者の振るまいとしてのヒントになる冊子も届きます。意識すべきは文章題を理解するのは、簡単ではないと親がわかってあげることです。親子で関わりを持ちながら文章題を読みきかせてあげましょう。親子のコミュニケーションはお子さんが成長するための大きなエネルギーになります。長い目で温かく見守ってあげましょう。